MENU

パソコンで行うゲームだからこそ、優良なオンラインカジノ会社は、公平にゲームが行われてる事をユーザーに証明し、アピールをきちんとするためにライセンスと監査をきちっと行っています。許可証(ライセンス)を取得しないとオンラインカジノの運営する運営会社はいけないのですが、ゲームソフトウェアをその運営会社へ提供するゲームメーカーもライセンスを同じく取得必要があります。

 

オンラインカジノの運営許可証を発行している同じ国と地域がこれは発行をしています。全くこのRNGゲームエンジンがイカサマできないものなのか、これがきりりとゲーム結果を判断する時に使われてるのか、というのが次の疑問点です。

 

実はこれはランドカジノ(ラスベガスなどの実物のカジノ)と一緒の技術で、例えばスロットマシーンなどに導入されています。初回オンラインカジノをプレイをした人がよく言う台詞「パソコンだからこれっていくらでもイカサマできるんじゃないの?」。

 

こうした監査結果を、ソフトウェア会社は外部にも公開することもあります。運営が開始されてからも、検査を継続的に受けて、胡乱なところが実際の結果にないかなど調べられます。

 

イカサマをされてオンラインカジノは勝てないのか?すべてRNGというオンラインカジノのゲームは、イカサマのできないカードや結果を完全にランダムに生み出す機能を持ってゲームの勝ち負けを判断しています。ゲームの作りや使用をしてるRNGエンジンがこのライセンスを取得するときには、特殊の第三者監査機関の厳格チェックを受け、さらに最高の権限者以外そのゲームエンジンにアクセスできないなどの運営体制までチェックされます。

 

自分ももちろん例外ではなく、後ろで誰かが勝ち負けをコントロール出来るようになっているんじゃないかとはじめてプレイをしたときは思っていました。